INTERVIEW of THE BAWDIES

Interview about Eli "Paperboy" Reed 〜イーライの魅力をROYが語る

ソウル・ミュージックをロック・バンドとして消化しているのがTHE BAWDIESの音楽だとすると、
イーライはソウル・バンドとして消化している

——最初にイーライを知ったきっかけは?

ROYTHE BAWDIESが『Awaking of Rhythm And Blues』を出した年なので、2008年ですね。下北沢シェルターでライヴを終えたあと会場の外へ出たら、待ってたお客さんが話しかけてくれて。“これ聴いてください”って言って手渡してくれたのが、イーライの2枚目のアルバム『Roll With You』だったんです。その当時は新しいバンドを掘り下げて聴いていなかったので、イーライのことは知らなかったんですけど、家に帰って聴いてみたら、めちゃめちゃカッコいいうえに、ルーツ・ミュージックの接し方が自分と近くて、調べてみたら年齢もほぼ一緒だし、“うわ、こんな人いたんだ!”って、かなりの衝撃を受けました。

——そのルーツ・ミュージックの接し方というのはどういうことなんでしょう?

ROY昨今、海外の音楽シーンでは、昔のソウル・ミュージックを見直した"ビンテージ・ソウル"なアーティストが増えていますよね。そんななか、イーライがほかのアーティストたちと大きく違うのは、ソウルを取り入れて現代の音楽にしようという意識がそこまで強くないところ。さらに彼はソウル・マニアなのに、昔の音を再現しようという音楽マニア的な考え方にも染まっていないところで。つまり、単純に“自分はソウル・シンガーである”っていう感覚そのままに音楽をやっているだけなんだと思うんですよ。だから、彼にとって音楽を作るうえで時代性というのはあんまり関係ないというか、そういうどっしりした音楽の取り組み方は本物だなって思うんです。

——1枚目のアルバム『Sings "Walkin' and Talkin' (For My Baby)" and Other Smash Hits!』は現時入手困難ですが、入手可能な2枚のアルバムは、ROYにとってどんなところに魅力がありますか?

ROY2作目の『Roll With You』はスタイルとしてルーツ・ミュージックをガツンと打ち出していたのに対して、3枚目のアルバム『Come And Get It!』はサザン・ソウルを土台にノーザン・ソウル的なノリやすい要素もしっかり入ってるからすごく聴きやすくて、自分の好きなツボ、ど真ん中なんですよね。僕らの場合もそうなんですけど、おそらく、作品リリースを重ねながら、ソウル・ミュージックを自分のものとして消化できるようになったということなんじゃないかな、と。あと、ソウル・ミュージックをロック・バンドとして消化しているのが僕らの音楽だとすると、イーライはソウル・ミュージックをソウル・バンドとして消化しているんです。だから、そういう視点に立って聴いてみてもらえば、『Come And Get It!』はわかりやすいアルバムだと思いますね。

——来たるべき対バンを控えて、今どんなことを思いますか?

ROY僕はイーライが初来日した“FUJI ROCK FESTIVAL”(2009年)でのライヴが観られなかったので、いつかライヴを観たいと長らく思っていたんです。だから、今回、彼を日本に呼ぶことができて、本当にうれしいですね。そして、もちろん、彼の音楽の素晴らしさは音楽ファンとしてうれしいんですけど、僕の中でイーライはライバルだと思って音楽をやってきたところがあるので、同じミュージシャンとしては悔しく感じる部分もあるし、まぁ、敵対しているわけではないですけど(笑)、相手としては強敵ですよね。ただ、刺激を受けながら、自分を磨いていくという意味で、同世代のイーライのようなアーティストをライバルとして想定するのは自分にとって重要なことだったりしますし、今回の対バンはいろんな意味で楽しみです。

Comments about Eli "Paperboy" Reed

■ MARCY
イーライはソウルをバンド・サウンドとしてきっちり確立させているアーティストですよね。だから、間違いなくライヴもガッツリやってくれるだろうし、一緒にやるというだけじゃなく、オーディエンスのひとりとして、そのパフォーマンスが楽しみです。
■ JIM
イーライに共感するのは、お互い同じような音楽を愛して、国は違えど各々のやり方で音楽を作ろうとしているところ。だから、勝手ながら、僕は彼のことを仲間だと思っています。
■ TAXMAN
新しさも兼ね備えながら、今の時代にルーツ・ミュージックを熱く忠実に演奏するためには、その神髄を知らなければあの音は出せないと思うんです。そんなイーライの音楽を聴いたときのことは今でもはっきり覚えてるくらいの驚きや衝撃がありました。

Top Menu

PROFILE

現代に降り立った奇跡のソウル・ボーイ、イーライ・ペーパーボーイ・リードは米国マサチューセッツ州ボストン出身。音楽評論家の父親が所有するブルースやリズム&ブルース、ソウルのレコード・コレクションを幼少の頃より聴いて育った彼は、ギターやピアノ、ハーモニカを独学で学び、演奏技術のスキル・アップのため、学生時代は路上演奏を行っていたという。高校卒業後、伝説的なブルース・ラジオ局“WROX”で働くためにデルタ・ブルースの聖地であるミシシッピ州クラークスデイルへ移住。その目的は叶わなかったが、現地のジューク・ジョイント(アメリカ南部の酒場で客を踊らせ、楽しませるために昔から伝統的に行われているブルース・セッション)に1週間に5日という頻度で参加。サム・カーやテリー・ビッグ・T・ウイリアムスといった伝説的なブルースマンに指導を仰いだという。"ペーパーボーイ"という彼のミドル・ネームは、その当時、イーライが祖父から譲り受け、かぶっていた帽子が新聞配達の少年のようだったことから付けられたのだそう。

そして、ジューク・ジョイントでの濃厚な日々を経て、シカゴ大学に進学したイーライは、’60年代に名門ブルース・レーベル“Chess(チェス)”から数々の名曲を発表した伝説的女性シンガー、ミッティ・コリアが運営する教会のゴスペル聖歌隊に参加し、音楽監督を務めるなど、音楽家としてさらなる収斂を積み重ね、大学卒業後に地元マサチューセッツで自身のバンド、The True Loves(ザ・トゥルー・ラヴス)を結成。2005年にリリースした自主制作のアルバム『Sings "Walkin' and Talkin' (For My Baby)" and Other Smash Hits!』を皮切りに、精力的なライヴ活動が評判を呼び、2008年にボストンのレーベル“Q Division(Qディヴィジョン)”と契約。濃厚にしてホットなサザン・ソウル・フィールを爆発させる2ndアルバム『Roll With You』をリリースし、2009年には“FUJI ROCK FESTIVAL”で早くも初来日を果たした。

その後、ニューヨークはブルックリンに移住した彼は、2009年と2010年の2度にわたって、ライヴ・イベント“ブルックリン・ソウル・フェスティバル”を企画し、オーティス・クレイやバーバラ・リン、マキシン・ブラウン、ロスコー・ロビンソン、ヴァーノン・ギャレットといったソウル・ミュージックの偉人たちを招聘した。そして、2010年に満を持して、エミネムやマルーン5を手がけたマイク・エリゾンドをプロデューサーに迎えたメジャー・デビュー作となる3作目のアルバム『Come And Get It!』をリリース。サザン・ソウルの熱さとノーザン・ソウルの洗練さを兼ね備えた、このアルバムで彼の名は一躍全世界で知られることになった。

その後、全世界でライヴやDJ活動を行いながら、2011年にはスペインの女性スカ・バンド、The Pepper Pots(ザ・ペッパー・ポッツ)のEP「Time And Place」をプロデュース。また、不定期でアリシア・キーズやマライア・キャリーなど、現代アーティストの楽曲を取り上げたカバー曲のライヴ映像をYouTubeで公開しており、ビヨンセ「Love On Top」のライヴ・カバー映像を公開した際には、ビヨンセ本人から賞賛のコメントが寄せられるなど、彼の音楽は着実な広がりを見せている。

現在は『Come and Get It!』に続く新作アルバムを制作中で、その先行シングル「WooHoo」がリリースされたばかり。2009年以来となる今回の来日では、この4年で大きく成長を遂げ、最高のライヴ・アクトとして高く評価されているパフォーマンスが思う存分堪能できそうだ。

Pick up DISCS


Pick up MOVIES

Come And Get It

Explosion

WooHoo


Top Menu

SCHEDULE

Eli "Paperboy" Reed×THE BAWDIES JAPAN TOUR 2013

2013.12.15(日) 新木場 STUDIO COAST

OPEN 17:00 / START 18:00

チケット料金:¥3,969(+1DRINK)
[チケット発売日:2013.11.02(土)]
チケットぴあ[Pコード:211-381]
ローソンチケット[Lコード:74516]
e+
INFORMATION:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

2013.12.17(火) 名古屋 CLUB DIAMOND HALL

OPEN 18:00 / START 19:00

チケット料金:¥3,969(+1DRINK)
[チケット発売日:2013.11.02(土)]
チケットぴあ[Pコード:210-666]
ローソンチケット[Lコード:42801]
e+
INFORMATION:JAILHOUSE 052-936-6041

2013.12.18(水) なんば HATCH

OPEN 18:15 / START 19:00

チケット料金:¥3,969(+1DRINK)
[チケット発売日:2013.11.02(土)]
チケットぴあ[Pコード:210-601]
ローソンチケット[Lコード:58030]
e+
INFORMATION:SOUND CREATOR 06-6357-4400

Eli "Paperboy" Reed 単独公演も大決定!!

2013.12.19(木) 東京 新代田FEVER

OPEN 18:30 / START 19:30

チケット料金:前売 ¥3,969(DRINK別)
[チケット発売日:2013.11.02(土)]
チケットぴあ[Pコード:214-118]
ローソンチケット[Lコード:78135]
e+[プレオーダー:2013.10.15(火)〜 10.21(月)]
INFORMATION:SMASH 03-3444-6751

Top Menu